待ちに待った七五三!どんなスケジュールで過ごす?

早いほどお得!写真撮影

子どもの健やかな成長を願う、伝統的な行事が七五三。あでやかな着物やかっこいい羽織はかまに身を包んだ子どもを見ると、成長の喜びもより感じますね。そんな記念の日を残そうと、写真館に写真撮影に行く家族も増えてきました。たくさん普及している子ども写真館。実は、撮影時期が早ければ早いほど料金がお得な場合が多いのです。七五三シーズンは写真館が混み合ってしまい、待ち時間で疲れてしまう場合も。早めの撮影でゆっくりお得に写真に残しましょう。

おめかししてお参りに出発!

先に記念撮影を済ませておけば、着物はどうやって着るのか、という不安も子どもから除かれます。「前に着たことがある」と子どもの自信になり、お参り時にスムーズにお着換えしてくれる子どもも多いのです。お参りの時期は地域によっても異なります。10月や11月のお日柄の良い日をお参りに選ぶ家族が多いです。しかし、土日はとても混んでいるので、平日にゆっくりお参りに行く家族もあります。子どもの体調を考慮し、子どもの体調の良い日を選んでもOK。

お参り後は家族で食事会へ

神社にお参り後は、家族で食事会に出かける場合が多いそう。だいたい午前中にお参りに行き、お昼に食事会といったところでしょうか。食事会に、おじいさん、おばあさんも招待して着物をお披露目する場合も。やっぱり直接晴れ姿を見ることは、おじいさん、おばあさんたちもうれしいですね。お参り時は着崩れしないよう、子どもはちょっときつめに着付けをされています。食事会の前や途中にでも、私服に着替えると子どもも楽。私服や靴も忘れず用意しましょう。

七五三の写真は、前撮りすると金額が安くなったり、その他にサービスを受けられる場合があります。時期にこだわらず撮るのがお得です。