スマホ並みに流行る?スマートウォッチとはなんだ

スマートウォッチはネットに接続できる時計

最近、スマートウォッチと呼ばれる腕時計が販売されています。この時計は従来のものとどこが違うのでしょうか。まず、スマートウォッチの最大の特徴はインターネットに接続できることです。ただ、携帯電話やスマートフォンと違って、時計だけではネットにつながりません。では、どのようにして接続するのかというと、スマートフォンと連携することによってつながるのです。なので、スマートウォッチはスマートフォンを持っていることが利用の前提になる時計ということになります。

アプリによって機能を拡張できる

スマートウォッチには最初からアプリがいくつかインストールされていて、メールやSNSのメッセージを受信することが可能になっています。バッグやポケットに入れているスマートフォン違い、受信チェックに手間がかからないというのは大きな利点といえるでしょう。また、脈拍を測定したり、歩数を数えられるアプリもあるので、健康管理にも使えます。基本的にスマートウォッチのOSとスマートフォンのOSは同じなので、スマホのアプリを入れて拡張していくことも可能です。

まだ成熟していないものの今後スマホ並みになるかも

では、スマートウォッチは今すぐにでも購入した方がいいものなのかというと、新しいものが好きというのでなければ、すぐに買う必要はないでしょう。というのは、技術的にはまだかなり新しいもので成熟しておらず、スマホのように誰でも便利に使えるというところまで機能が充実していないからです。ただ、今後様々な国内のメーカーが参入してくれば、技術が向上してスマホ並みになり、持っていると便利なものになる可能性はあります。

時計通販のヨシダ