1つは持っていたい機械式時計!でも手入れは大変なの?

機械式時計は毎日動かそう

腕時計は時間を知るだけでなく、おしゃれや自分のステータスを上げるために、身に着ける人も多いですよね。実は時計は、クオーツと機械式時計に分ける事ができるのですよ。簡単に違いを説明すると、クオーツは電池式、機械式はゼンマイで動くようになっています。機械式時計はゼンマイを巻いて動くのですが、手巻きと自動があるのです。そのため、毎日の手入れがとても重要となるのですよ。手巻き式であれば、毎日巻く必要があり、自動式の場合には、手の振りなど動きによって内蔵されているローターがまわるので、毎日動かす必要があります。

毎日の手入れと保管場所について

腕時計には、高価な商品がとても沢山ありますよね。そのため、綺麗に長く使うためには、毎日のお手入れや保管には気をつける必要があるのですよ。1日身に着けているとほこりやごみが付着したり、また汗や脂がついてしまいます。自宅に帰って外したら、乾いた布で軽く拭いてあげたり、隙間などはブラシを使って汚れを落としてあげましょう。また、保管する場所は、湿気がなく直射日光が当たらない場所が望ましいのです。それだけでなく、パソコンなど磁気が出る物の近くには置かないほうがよいので、覚えておきましょう。

定期的にメンテナンスを行おう

大切な時計を長く使っていくためには、定期的なオーバーホールが必要となります。これは時計を分解して内部の汚れを落としたり、調整や脂をさすなどのメンテナンスを行います。オーバーホールを行う事によって、故障や時間の狂いが出ないようにすることができるのですよ。3年~5年に1回は行ったほうが良いと言われているのです。このように機械式腕時計は、常に手入れが必要となります。しかし、手入れをしても持ちたいという魅力があり、しっかりと手入れをすれば、子供やお孫さんにまで残す事ができるのです。

パテックフィリップは時計大国であるスイスのメーカーで世界三大高級時計メーカーと称されるなど世界的な人気を博しています。